11月04日

T・Sの食事情(秋)

こんにちは、ブログ担当のT・Sです。

東京地方では「木枯らし1号」、北海道では初雪と冬の便りが続々と届いております。
朝晩が冷える季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

T・Sといえば、食欲の秋を良いことに食べてばかり。。。太りました(笑)

あれ?横浜支店ブログまた食べ物ネタ?
そうです、お付き合い下さい(笑)



いきなり!ステーキ
以前から気になっていた立ち食いステーキ屋、300gをペロリ。
ファーストフード感覚で食べれて値段も手ごろ。
お肉を食べたくなった時は、一度行かれてみては!!


肉の後は魚!!という事で沼津港「せきの」で海鮮丼です。
味はもちろん量も多くて、大満足です。


肉、魚ときたら粉!!(笑)
京急黄金町駅前の「粉亭」でお好み焼きです。
この店は、お店の人が焼いてくれるのですが、焼き加減が巧いんです!!
食べて美味い、見て感動。

肉、魚、粉、、、、飯ですよね!
T・S家の近所オープンするみたいです、スタミナカレーの店バーグ!!
斜向かいにはCoCo壱番屋、あぁどっちを食べよう。


それでは、皆様も体調と体脂肪にはお気を付け下さい。
T・Sは、ジムに入会しました。

                                   T・S

貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2014年11月 4日 15:00 | 他愛の無い話| トラックバック (0)

11月11日

『ノ貫』

こんにちは♪
横浜支店のS.Nです(^^)

最近気温も下がり夏物のスーツから冬物へ衣替えをしました。

『あれ?若干きつい・・・かな・・・』

はい、横浜支店あるあるですね(笑)

肥えた原因は最近ハマってしまったこれです↓

実はこちら桜木町駅の野毛にあるノ貫(ヘチカン)というラーメン屋さんの肉刺です!

低温調理された豚肉のチャーシューなんですが、これが塩で良し!九州系の甘目の醤油で良しの一品!!

そして店主さんの趣味でその時々で仕入れている日本酒が抜群に美味しいんです。


メインのラーメンはこちら灰汁中華☆

煮干しの灰汁(あく)を前面に押し出した独特の香り、味がなぜか後引く美味しさ。

肉刺でビールと日本酒、そして店主さんとの会話を楽しみラーメンで締める!最高です!

しかし、バーを間借りしており土日の昼間のみ営業という来店難易度が高目(><)

そして、飲んでるお客様が多い為常に満席で席が空くタイミングがわからない・・・
ですが何度か行くうちに比較的入りやすい日を発見しました!


それは雨の日です(笑)

食が大好きな横浜支店ブログでした。


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)


2014年11月11日 15:00 | ラーメン| トラックバック (0)

11月17日

七五三

11月に入り、七五三のご家族をよく目にします。
弊社から歩いて10分ほどの所に、『関東のお伊勢さん』
として知られている神社があります。


伊勢山皇大神社です。

横浜開港とともに建立され、桜木町という観光エリアの近くにありながらも
とても落ち着いていて静かな神社です。

私もお宮参りや七五三では伊勢山皇大神社を訪れました。
この長い階段を両親、祖父母に手を取ってもらいながら歩いたのを覚えてます。

七五三は幼児から大人への節目に行われる大事な行事です。
「7歳までは神の内」と言い、これまでの穏やかな成長の日々を感謝し、
これからの健康で幸せな日々を祈る為に神社にお参りします。

七五三の由来は、古くからの風習であったとされる、3歳の「髪置(かみおき)」、
5歳の「袴着(はかまぎ)」、7歳の「帯解(おびとき)」だそうです。

3歳の「髪置」は、男児・女児共通の儀式。髪を伸ばし始める日。
(江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があり、それを終了する儀式)

5歳の「袴着」は、男児の儀式。初めて袴を着ける儀式。

7歳の「帯解」は、女児の儀式。幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式。


ある一定の年齢に達したときにお祝いする還暦や米寿を賀寿といいますが、
このほかにも、年齢にちなんだお祝いとして通過儀礼というものがあります。
様々な節目をお祝いする儀式で、誕生、お七夜、お食い初め、初節句、十三参り、
入学、卒業、成人、婚礼などがあり、七五三もこの通過儀礼にあたります。


伊勢山皇大神社では11月23日に豊年満作に感謝する新嘗祭が
行われるそうです。
境内の葉も、少しずつ色づきはじめました。
『静かで落ち着いた桜木町』もお勧めです。

                                         (E.T)


貸事務所・賃貸事務所・オフィス移転の仲介|三鬼商事(株)

2014年11月17日 00:00 | 他愛の無い話| トラックバック (0)