01月09日

あけましておめでとうございます!

横浜・ブログ担当のTです。
今年も引き続き宜しく御願いします。

みなさんは、どんなお正月をお過ごしでしたでしょうか?
私は、実家のある福島(郡山市)に帰省しました。

行きと帰りともに、大渋滞にはまり、疲れ果ててしまいましたが、
高校時代の友人達と、お酒を飲み交わし、リフレッシュできました。

一年に一度しか、会えませんが、地元の友達はいいですよね・・
では、今年一年またがんばりましょう! S.T

PS 郡山で、食べた年越しそば(ラーメンですが)、正月屋という支那ソバ屋さんですが、
   とてもおいしかったです。(地元では有名なお店みたいです)

2007年1月 9日 08:39 | 横浜エリアの催事・イベント| トラックバック (0)

01月12日

仕事始め。。

年末年始は、どこも行かず、飲んだ暮れの毎日でしたが、、
唯一の遠出といえば箱根湯本の温泉です。
気持ちよかったです。
やはり人は多いいですけどね。

何年ぶりかの初詣は明治神宮でした。
いよいよ正月ボケもとれ、本格的に仕事が始まりましたと言うか、
始まってしまいましたが、、
んーー、今年も良い年になるよう気合入れまくりで一年頑張れればと思うしだいです。
今年の目標は、横浜支店、事務所移転ですかねー。。  T.A

2007年1月12日 09:25 | 横浜支店こぼれ話| トラックバック (0)

01月16日

中華街

今日は中華街の「梅蘭」に行こうと張り切って出掛けました。
焼きそばの有名なお店です。
小さなお店なのですが人気店なので、すでに行列ができていた為断念しました。
時間がなかったので、珍味園というオーダーバイキングのお店に行きました。(Y.I)

珍味園1

珍味園2

2007年1月16日 09:19 | 評判のお店(お薦めのお店)| トラックバック (0)

01月19日

新横浜の新築ビル

お正月気分も抜けて通常の毎日になってきました。
今年も一年、宜しく御願いします。

横浜は今年から09年にかけて久々の新築ビルラッシュになります。
まず、先陣を切って3月に竣工する銀洋新横浜ビルの様子を見てきました。
銀洋平新横浜ビル
大分出来上がってきていました。
こちらは、竣工を待たずに満室になったそうです。
幸先の良いスタートですね。

また、来年竣工予定の(仮称)JR東海新横浜駅ビルも
鉄骨がかなり上がってきました。
(仮称)JR東海新横浜駅ビル
こちらも、かなりテナント候補があるそうです。

新横浜の新築ビル事情はかなり優秀です。
今後も新横浜にはビルの新築予定が有るので、
私も御紹介出来るようにがんばります。(T.H)


2007年1月19日 09:41 | 話題のビル(横浜エリア)| トラックバック (0)

01月23日

ダーツ!

皆さん、年も明けてしばらくたちますが、いかがお過ごしですか?
この時期は、我々営業マンはまた一からのリスタートですから
ナイーブかつアンニュイな心境です。
(意味分かりませんか?)

そんなときは、支店のみんなでダーツバーに向かいます。
最近よく行くのですが、なかなか難しいですね。
アグレッシブかつエキサイティングな時を過ごし、
(しつこいですか?)
リフレッシュして営業に励む毎日です! S.T

2007年1月23日 08:48 | 横浜支店こぼれ話| トラックバック (0)

01月26日

冬本番!

冬も本番です!
ウィンタースポーツの季節です、休みを使って北海道に行って来ました。
スノボード三昧しまくりで、最高です。

オフィスビルもホテルも高い建物もなく、ゆったりまったりニセコヒラフ。
ニセコは、なんと昨年地価値上がり率№1だそうです。

オーストラリア・ニュージランド等から、大挙人が来ていて外国のようでした。
ある店を開けたら、全員、外国人の方でびっくりしました。
予約をしないと、入れないほど人気です。

これからのニセコ注目です。しかし山頂からの羊蹄山最高ですよ!

羊蹄山

今年も仕事をがんばり、また行きたいですねー!

新人営業マンの T・Aでした。。


2007年1月26日 09:19 | 横浜支店こぼれ話| トラックバック (0)

01月30日

鎌倉

今回は私の住む鎌倉についてご紹介させていただきます。
当社では2棟の貸ビルを扱っております。

?鎌倉NSビル(満室)
鎌倉NSビル

?第一生命鎌倉ビル(満室)

オフィスというよりもやはり観光地としての側面が大きいようです。
貸ビル自体が少ない為、いざテナントさんが物件を探そうとすると大変のようです。


鎌倉文学館を取り上げたいと思います。鎌倉幕府が滅亡して以来、
歴史の表舞台から姿を消した鎌倉は明治22年の横須賀線の開通で
再び人が集まるようになり、江ノ電の開通もそれに拍車をかけたそうです。

それ以来、気候がよく自然の多い鎌倉に多くの文人が
移り住み作品を発表し、脚光を浴びるようになったそうです。

鎌倉文学館

鎌倉文学館


鎌倉文学館の本館と敷地は、以前、加賀百万石藩主前田利家の系譜である
旧前田公爵家の鎌倉別邸でした。三島由紀夫の小説「春の雪」に登場する
別荘はこの建物をモデルに描いています。

由比ガ浜の海
庭からは由比ガ浜の海、空気の澄んだ日には遠く大島まで望めるそうです。


川端康成、直木三十五、太宰治らの直筆原稿がありました。
中でも、太宰治の原稿(複製)はおおらかな素敵な筆跡でした。
直木三十五の字はチマチマした感じでお友達にはなれない感じでした。

バラ園
バラ園。春と秋には170種・170株の色とりどりのバラを楽しむことが出来ます。


鎌倉は神社仏閣も多く、歴史を感じさせるひっそりとした趣のある街です。
しかし通勤には不便ですし道も狭いので、時々不都合を感じます。
物件的には立地条件が駅から近く便利で効率的なものがベストだと考えがちですよね。
ドライで合理的なことを重んじる現代社会で生活している中で、
情緒を大切にし、ゆとりを持つこと自体が甘えのように思えたりします。
読書も漫画か実用書ばかりを読むようになりましたが、
たまには文学作品でも読んでみたいと思いました。

鎌倉文学館ホームページ
http://www.kamakurabungaku.com/   (Y・I)

2007年1月30日 08:49 | お知らせ| トラックバック (0)